ストーカー被害に遭ったら探偵に相談しよう!調査の流れとポイント

2023年05月09日

ストーカー被害に遭ったら探偵に相談しよう!調査の流れとポイント

ストーカー被害は、被害者にとって深刻な心身の負担となります。

家や職場で襲われた場合は、緊急事態となりますが、警察の捜査だけでは逮捕が難しい場合もあります。

そこで、探偵に依頼することで、被害者のプライバシーを守りながら、ストーカーを特定し、ストーカー被害からの解放を促すことができます。

探偵は、ストーカー調査の専門家として、柔軟な調査期間や方法を提供し、被害者にとって最適な対策のアドバイスも行っています。

今回は、ストーカー被害に遭われた方が探偵に依頼するメリットや注意点についてご紹介します。

ストーカー調査の必要性について

ストーカー被害を受けた場合には、なぜストーカー調査が必要なのか?

ストーカー被害を受けると、被害者は心身共に深刻な影響を受けます。ストーカー被害者は、毎日のように自分が監視され、追跡されていると感じ、常に不安や緊張感に襲われることがあります。

被害者が自宅や職場にストーカーに襲われたときには、緊急事態となります。

そのため、ストーカー被害にあった場合には、ストーカー調査を依頼して、ストーカーの正体や行動パターンを特定することが重要です。調査結果に基づいて警察に通報し、ストーカーを逮捕・摘発することができます。

警察と探偵の違いと、ストーカー調査で探偵に依頼するメリット

警察は、ストーカー被害の被害届けや相談を受けると、ストーカーの行動を監視し、逮捕することができます。しかし、警察は人員不足や優先度の高い事件がある場合は、ストーカー被害に対して対応できないことがあります。また、警察が捜査する場合には、必ずしもストーカーの行動を証明することができず、逮捕が困難な場合もあります。

一方、探偵は、ストーカー調査の専門家として、ストーカーの正体や行動パターンを特定することができます。探偵は、ストーカーの行動を監視し、証拠を集め、調査報告書を作成することができます。調査報告書は、警察に提出することができ、ストーカーの逮捕や摘発につながることがあります。

また、探偵には警察にない人脈や情報網があり、警察には難しいストーカーの捜索や追跡も可能です。探偵に依頼することで、被害者のプライバシーを守りながら、ストーカーを特定し、ストーカー被害からの解放を促すことができます。

さらに、探偵に依頼するメリットは、柔軟性があることです。探偵は、被害者の状況に応じて、調査の方法や期間を柔軟に調整することができます。

また、探偵はストーカー調査だけでなく、ストーカー被害に関する相談や対策のアドバイスも行っています。ストーカーによる被害は、被害者にとって深刻な問題ですが、探偵に依頼することで、ストーカー被害からの解放に向けた一歩を踏み出すことができます。

ストーカー調査の依頼方法と手続きについて

ストーカー被害にあった場合、探偵にストーカー調査を依頼することで、ストーカーの正体や行動パターンを特定し、警察に通報することができます。依頼手順は以下の通りです。

探偵事務所に相談する

まずは、信頼できる探偵事務所に相談しましょう。探偵事務所は、ストーカー被害に特化した調査を行っている場合があります。

調査依頼書を提出する

探偵事務所から調査依頼書をもらい、必要事項を記入して提出します。調査依頼書には、ストーカーの被害状況や被害者の情報、調査期間などが記載されます。

契約を締結する

調査依頼書の提出後、探偵事務所と契約を締結します。契約書には、調査の目的や調査期間、料金などが明記されています。

調査開始

契約が締結されたら、調査が開始されます。探偵は、ストーカーの正体や行動パターンを特定し、証拠を収集します。

調査報告書の提出

調査が終了したら、調査報告書が提出されます。報告書には、ストーカーの正体や行動パターン、証拠写真などが記載されます。

依頼前に確認しておきたいポイント

ストーカー調査を依頼する前に、以下のポイントを確認しておきましょう。

探偵事務所の信頼性を確認する

ストーカー調査は、被害者のプライバシーを侵害する可能性があるため、信頼できる探偵事務所を選ぶことが重要です。

探偵事務所のホームページなどを参考に、信頼性を確認しましょう。

料金について確認する

ストーカー調査の料金は、調査期間や内容によるため、事前に確認することが必要です。

料金については、調査依頼書に明記されている場合が多いため、契約前に必ず確認しましょう。また、追加料金が発生する場合もあるため、事前に確認しておくことが重要です。

調査期間について確認する

ストーカー調査の期間は、調査内容やストーカーの行動パターンによって異なります。調査期間が長ければ長いほど、費用も高くなるため、事前に調査期間を確認しておくことが重要です。

調査報告書の内容について確認する

調査報告書には、ストーカーの正体や行動パターン、証拠写真などが記載されます。

調査報告書の内容が十分であるか、確認しておくことが必要です。また、調査報告書に記載された情報をもとに、警察に通報することができます。

ストーカー調査で調査員が行うこと

ストーカー調査において、探偵が行うべきことは次の通りです。

ストーカーの正体を特定する

ストーカーの正体を特定するためには、ストーカーの行動パターンや特徴を調査する必要があります。

調査員は、ストーカーの行動を監視し、正体を特定するために、監視カメラや望遠鏡などの機器を活用します。

被害者の安全を確保する

ストーカー被害者の安全を確保するためには、調査員は被害者の身辺を監視する必要があります。調査員は、被害者が通常の生活を送るために必要な情報を収集し、被害者の安全を確保します。

証拠を収集する

ストーカー調査の最も重要な目的は、ストーカーの証拠を収集することです。調査員は、監視カメラやオーディオ機器、尾行などの手段を使って、ストーカーの行動を記録し、証拠を収集します。

ストーカー調査で調査員が行ってはいけないこと

ストーカー調査において、探偵が行ってはいけないことは次の通りです。

法律に反すること

探偵は、ストーカー調査において法律を遵守する必要があります。調査員が法律に反する行為を行うと、被害者や調査員自身が刑事罰や民事訴訟などのリスクを負うことになります。

ストーカーに対して暴力を振るうこと

調査員は、ストーカーに対して暴力を振るうことは許されません。暴力を振るうことは犯罪行為になり、探偵業法に違反することになります。

被害者に接触すること

調査員は、被害者に接触することは避けなければなりません。被害者に接触することは、被害者のプライバシー侵害につながり、調査員自身がストーカーと誤解されるリスクもあるため、避けなければなりません。



ストーカー調査の報告書について

ストーカー調査の報告書は、調査員が収集した情報や証拠をまとめたものです。

報告書には、ストーカーの行動パターンや特徴、被害者への影響などが詳細に記載されます。

また、証拠の収集方法や収集した証拠の詳細も報告されます。報告書には、調査員のプロフィールや調査期間なども記載されます。

報告書の内容は、依頼者のプライバシーや安全を守るため、厳重に管理されます。

報告書を受け取った後の対処方法

ストーカー調査の報告書を受け取ったら、まずは報告書を詳しく読みます。報告書にはストーカーの行動パターンや被害状況が記載されているため、自分自身の安全確保やストーカーに対する対処方法を考えることができます。

報告書の内容に基づいて、警察や弁護士に相談することをおすすめします。

また、報告書に記載された証拠をもとに、裁判所でストーカーの行為を立証することもできます。報告書は依頼者のプライバシーや安全を守るため、注意して管理することが重要です。

まとめ

ストーカー被害を受けると、被害者は心身共に深刻な影響を受けます。被害者が自宅や職場にストーカーに襲われたときには、緊急事態となります。

ストーカー調査を依頼して、ストーカーの正体や行動パターンを特定し、警察に通報して逮捕・摘発することが重要です。

警察が捜査する場合には、ストーカーの行動を証明することができず、逮捕が困難な場合もあります。

探偵に依頼することで、被害者のプライバシーを守りながら、ストーカーを特定し、ストーカー被害からの解放を促すことができます。

探偵は、ストーカー調査の専門家として、ストーカーの正体や行動パターンを特定することができ、柔軟な調査期間や方法を提供し、ストーカー被害に関する相談や対策のアドバイスも行っています。

岡山でストーカーでお悩みの方はシークレットジャパン岡山にご相談ください。


この記事のタイトルとURLをコピーする

この記事を書いた店舗

総合探偵社シークレットジャパン岡山

岡山で探偵事務所をお探しならシークレットジャパン岡山にご相談ください。

浮気調査・不倫調査を始め、婚前調査、素行調査、ストーカー調査など幅広く対応しています。

相談に関しては無料で受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

関連記事